読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

white croquis

日々の思索のためのクロッキー帳。オーディオやオススメなども。

映画『アース』公式サイト日本語版の致命的な誤訳

1/12から公開されている映画『アース』。BBCワールドワイド公式サイト日本語版で「この映画について」を見ると、こんなことが書いてある。

50万年前、巨大な隕石がまだ若かった地球に衝突した。その衝撃は計り知れず、この惑星そのものを23.5度も傾けてしまった...

ん? 50万年前に巨大隕石!? そんな話は聞いたことないなー。恐竜が絶滅したのが6500万年前と言われているから、50万年前というと、地球の歴史からすればかなり最近のことになる。
これはひょっとして…と英語サイトの該当箇所を見てみた。

Five billion years ago an asteroid crashed into the Earth. The impact tilted the planet at an angle of 231/2 degrees.

やっぱり! 疑問は解消。

誤:50万年前
正:50億年前

「billion」は「10億」なので、「Five billion years ago」は「50億年前」。4桁も違う! さらに、英語サイトで「衝突した(crashed)」としている「asrteroid」は、「隕石」ではなく「小惑星」だ。隕石は「meteor」。
この解説は、46億年前、太陽系に原始地球が誕生した頃に起きたと考えられている、いわゆる「ジャイアントインパクト説」に基づいていると考えて間違いないだろう。件のサイトで「Five billion years(50億年)」としているのは、おそらく「4.6 billion years」としたくないために四捨五入しているだけのような気がする。
ジャイアントインパクト説」とは、原始地球に地球の半分程度の直径の微惑星が衝突して地軸が傾くと共に、衝突で飛び散った破片が集まって今の「月」を形成したとする説だ。
右に示したコンピュータシミュレーション画像やYouTubeの動画を見ても分かるように、地球自体を破壊してしまう程の衝突なので、「隕石」というようなイメージではなく、意訳するには無理がある気がする。

<余談>「新世紀エヴァンゲリオン」の「セカンドインパクト」は、このジャイアントインパクトを「ファーストインパクト」として「セカンド…」と呼んでいる。

にしても、「billion」を「million(100万)」と間違えたわけでもなさそうだし、単純に「億」を「万」と書き間違えたのかな!? 間違えたのが価格じゃなかったからよかったようなもので。
ちゃんと校閲したり監訳してもらったりしてるんだろうか? この「50万年…」はすでにあらゆる映画関連サイトでそのまま使われてしまっているので、もはや修正するには手遅れかも。

ちなみに、日本での配給元の公式サイトでは「46億」と言っているし、前述の「50万年…云々」というくだりは書かれていないようなので、実際の映画の方は大丈夫なのかも。