White croQuis

思索と探索のクロッキー帳。オーディオや音楽の話題、レビューなども。

「フルワイヤレス」というおかしな家電量販店用語 〜「ない」ことが「満たされている」?

f:id:align_centre:20200207015735j:plain

Apple AirPods に代表される、人気の Bluetooth 通信による左右分離型の無線式「完全ワイヤレスイヤホン」、英語では "True Wirelesss Stereo(TWS) headphones" などと呼ばれますが、主に日本の家電量販店で使われる用語として「フルワイヤレス」という呼び方(業界用語)があります。

しかしこの「フルワイヤレス」という用語、「フル」すなわち英語の "full" の意味からすると、かなり意味不明な日本語です。

「フルワイヤレス」という謎用語の起源

世界初の完全ワイヤレスイヤホンは2015年のCESに登場

「完全ワイヤレス(TWS)イヤホン」というカテゴリーの製品自体は、2015年1月に開催された世界最大のエレクトロニクスショーの一つ「CES 2015」で Bragi 社が発表した「The Dash」という機種が世界初で、製品としては2015年末に発売されています。

www.theverge.com

ただ、当時は海外でもそのカテゴリーの一般的な呼び方が一定ではありませんでしたが、2016年9月に Apple が初代 AirPods を発表 した頃から "Truly Wireless Stereo" あるいは "True Wireless Stereo"、略称 "TWS" という呼び方が徐々に一般的になってきました。

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

  • 発売日: 2019/03/27
  • メディア: エレクトロニクス

日本でも当初、「左右独立型ワイヤレス」「左右分離型ワイヤレス」など呼び方が定まっていませんでしたが、やはり海外で "TWS" という用語が定着し始めたのに同調するように「完全ワイヤレス」イヤホンや「TWS」イヤホンという呼び方が定着してきた様子が、Google トレンドなどからも見て取れます。

こうして、オーディオ専門店やオーディオ関連メディアでは、ほぼ「完全ワイヤレスイヤホン」「トゥルーワイヤレスイヤホン」「TWS」という呼び方が定着していきましたが、家電量販店だけは違いました。

おそらく、意味よりもバズワードとしての「語感」のよさを重視しての選択ではないかと推測されますが、ビックカメラ」が2018年4月に大々的に「フルワイヤレス」という用語を使い始める宣言をし、その少し前から他の競合する大手家電量販店でも少しづつ浸透していたこともあって、いつの間にか謎用語の宝庫「家電業界用語」の一つになっていました(笑)

このニュースリリース記事の中では、

ビックカメラは、ラゾーナ川崎店と名古屋JRゲートタワー店の2店舗において、完全ワイヤレスイヤホンの案内カウンターを4月28日(土)に設置することを発表した。なおビックカメラでは、左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンについて「フルワイヤレス」という呼称を推進していくという

と紹介されるように、オーディオ専門メディアでは「へーそうなんだ」(棒読み)という感覚で、オーディオ専門店や趣味のオーディオ界隈でもほぼ同様の反応でしょう。

先の Google トレンドのグラフからもわかるように「フルワイヤレス」という呼び方は、家電量販店とSEOアフィリエイトメディアや一部のSEOガジェットブロガーがSEO用に使うくらいで、市民権を得る呼び方には至っていないので、街中では家電量販店くらいでしかほとんど見かけません

では、「フルワイヤレス」という呼び方がどうおかしいのかを見ていきましょう。

「ない (-less)」ことが「(full-) 満たされている」?

続きを読む

MEETURE MT3 PRO レビュー 〜SIMGOTの血を引く元気なサウンドの正統派カジュアルイヤホン

f:id:align_centre:20200201151656j:plain

今回は、SIMGOTの姉妹ブランド「MEETURE」より2020年2月1日に日本国内で正式発売された、リケーブル(ケーブル交換)可能ながら1万円を切る価格を実現した、コストパフォーマンスの高いシングルダイナミック型ドライバーイヤホン「MEETURE MT3 PRO」のレビューです。(SIMGOT Japan 様からの試供品にてレビュー)

www.phileweb.com

"MEETURE" = "Meet the Future"

f:id:align_centre:20200201152420j:plain:w480

以前、SIMGOT EM2 という価格帯を超えるクオリティの「1万円台ボーカル最強イヤホン」のレビューをしましたが、今回の MEETURE MT3 PRO は、さらにお求めやすい1万円を切る「税込7,800円」という価格で、「MEETURE(ミーチュアー/ミーチャー?)」という「SIMGOT」の姉妹ブランドよりリリースされています。

align-centre.hatenablog.com

MEETURE」とは、「Meet the Future」からの造語のようで、科学と芸術への敬意を込めた「SIMGOT」ブランドの信頼と実績ある技術を用いながら、よりファッション性やトレンドなどを採り入れ、リーズナブルな価格帯でコストパフォーマンスを高めているブランドのようです。SIMGOT公式サイトには海外で先行している完全ワイヤレスイヤホンなども掲載されており、今後のラインナップにも期待です。

觅澈MEETURE - 微博 f:id:align_centre:20200207171955p:plain

今回の「MT3 PRO」も、先行発売されていた海外のサイトで初めて見たときから「おぉ!」と気になり、ドライバーが上位機の EM2 や EN700PRO と同じということで期待していた機種です。(MT3 PRO と同じドライバー構成の SIMGOT EN700PRO は発売当時2万円弱という価格)

MT3 PRO はカラーバリエーションが4色あり、上位機のEM2と同様にクリアなシェルボディにほんのりと色づいているので、どの色もとてもきれいです。今回レビューするカラーは瑞々しい「グリーン」です。

f:id:align_centre:20200201165345p:plain
出典: SIMGOT公式サイト

プレゼントにも最適な MT3 PRO の上質なパッケージと付属品

カジュアルラインの機種ながら、MEETURE MT3 PRO のパッケージはシンプルで上品です。4色のカラバリと1万円を切る価格帯はプレゼントにも適しているので、なかなか好印象です。

f:id:align_centre:20200201154913j:plain:w320  f:id:align_centre:20200201154916j:plain:w320

巷では完全ワイヤレス(TWS)イヤホンが人気ですが、まだ価格に対する音質は圧倒的に有線イヤホンが上回っています。
加えて MEETURE MT3 PRO は、ケーブルが交換可能かつ付属のケーブルが見た目も美しくやわらかく取り回しがよいのもポイントが高いでしょう。7千円台のイヤホンにこのクオリティのケーブルが付属しているというのはかなり驚きです。

中高生の間では、iPhone付属イヤホンの「ケーブルをデコる」というのが以前流行っていたりと、耳元のイヤホン本体以上にケーブルはファッションとして目に入る部分なので、銀メッキ銅と高純度の銅線(OFC)の混合編みのケーブルは音質のためであるのはもちろんのこと、見た目の上品さときらびやかさを兼ね備えているという点でも、満足感があると共にプレゼントでも喜ばれそうです。

f:id:align_centre:20200201162213j:plain:w480

箱の中には、イヤホン本体、ケーブルの他に、純白のソフトポーチ、説明書などが入っています。説明書は英語と中国語だけで、日本語の説明書がないのが残念なところで、今後に期待したいところです。

イヤホン本体、ケーブル、プラグともに価格帯を超えるクオリティ

f:id:align_centre:20200201190326j:plain:w480

MEETURE MT3 PRO は、本体、ケーブル、プラグなども含め、上位機のEM2と変わらない精度のクオリティの高い出来で、SIMGOT独自のカバー付き2pin端子のケーブルをイヤホン本体に装着する際も、硬すぎず緩すぎない適度な摩擦でしっかりハマります。

f:id:align_centre:20200201190855j:plain:w480

3.5mmプラグは金属製ボディーで、EM2やEK3などの上位機よりも見た目の高級感があるほどです。

f:id:align_centre:20200201190935j:plain:w480

上位機と比べて見劣りする点といえば、セミハードケースではなくソフトポーチが付属している点くらいでしょうか。ソフトポーチはナイロン裏地のビーニルレザーのような素材なので、適度な強度はありますが紫外線などで劣化やすしそうなのがちょっと心配です。普段日の当たらないところに保管したり鞄に入れて持ち運びしていればそれほど気にしなくても良いとは思いますが。

装着感はとてもよく遮音性も高い

MT3 PRO には、SIMGOT共通の2種類のイヤーピースが各3サイズ付属しているので、耳へのフィット感、音の好みで選んで装着します。
イヤーピース(イヤーチップ)は、イヤホンを使う上で音質にも装着感にも大きく影響する部分なので、うまくフィットするものを選ばないと本来の音質が得られなかったりすぐに外れたりしてしまいます。イヤーピースを選ぶ際のおすすめ順としては、サイズの大きい方から順に音を聴きながら変えて試していくと、遮音性と装着感がちょうどよいものを早く見つけやすいと思います。

f:id:align_centre:20190524181154j:plain:w320 f:id:align_centre:20190524223937j:plain:w320

MT3 PRO のイヤホン本体(シェル)は EM2 と比べるとやや大きめですが、かなり耳にフィットしやすい形状かつ軽量なため、多くの人の耳にフィットしやすいのではないかと思います。個人的には、EM2 や EK3 よりも装着感がよく長時間装着しても違和感を感じません。
また、うまく耳にフィットすれば遮音性がかなり高いので、多少騒がしい場所でもボリュームを上げすぎずに音楽を楽しめ、音量を上げ気味でも静かな部屋でイヤーピースの先端を指先で塞いだ状態で30cmも離せば、ほとんど何も聴こえない程度には音漏れも少なめです。

f:id:align_centre:20200201193753j:plain:w320  f:id:align_centre:20200201193647j:plain:w320

尚、MT3 PRO の付属ケーブルは非常に柔らかく、顎や衣服などに擦れた際の「タッチノイズ」はほとんどなく気になりません。逆にその柔らかさゆえか、絡まりやすいという面はあります。

MEETURE MT3 PRO の音質:

一言でいうと、「力強い低音とスムーズな中〜高音で、ポップスやロックが楽しく聴ける音」に感じました。

続きを読む

世界最高峰のレーザー演出!Gareth Emery の“Laserface”とトランスミュージックフェス“Transmission Festival”に要注目!

f:id:align_centre:20200129182356j:plain
©Insomniac Holdings, LLC., Laserface by Gareth Emery

⚠ご注意:この記事で紹介する映像には極めて激しい明滅がありますので、視聴には充分ご注意ください。

先日、2019年の8月にベルギーで開催されたミュージックフェス「Pukkelpop」のエレクトロニック・ミュージック特設会場「Boiler Room」での、ホール全周から照射される圧巻のレーザー演出の高画質動画が YouTube にアップされ、Twitterでも拡散されて話題になっていました。

この時使用されたレーザーはなんと320基とのことで、世界記録だとか。 www.youredm.com

その前はと少し探すと、2017年に「LIVE DESIGN」が主催するアメリカのショー演出ビジネス見本市で、300基のレーザーを使ったデモンストレーションがあったようです。

www.livedesignonline.com

世界最高峰のレーザー演出とトランスミュージック

こうした流れもあり、EDM/エレクトロニック系のフェスや大きめのクラブパーティーでは、定番のVJ映像や照明、スモークやフォグ、炎などに加え、従来は舞台照明の一種とも言えなくはなかったレーザーがその制御技術の進化などによって、光の演出での重要な要素として使われることが増えてきています。

中でも近年の欧米でのトランスミュージック(Trance Music)を中心とした大規模フェスや屋内フェスでは、レーザーによる演出が年々高度に進化し、音楽の一音一音に数十基のレーザーの多彩な動きを完全にシンクロさせ音と光が一体となった、まさに“Trance (恍惚)”状態へと誘うような演出がなされ、中にはVJと照明は最小限にしてレーザーを演出のメインにしたイベントも行われるようになっています。

今回はその中でも個人的にイチオシ(ただし行ったことはないw)の、世界最高峰のレーザー演出が堪能できるフェス&ショーを紹介!

音楽の聖地チェコプラハを中心に開催される最先端のトランスミュージックフェス「Transmission Festival」

f:id:align_centre:20200129182417j:plain:w280
続きを読む
当ブログでは、Google Analytics, Google AdSense 等を使用しています。Google によるデータの収集ポリシーについて詳しくは「Google のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の Google による使用」を参照ください。