white croquis

思索と探索のクロッキー帳。オーディオや音楽の話題、レビューなども。

Whizzer "Kylin" HE01 レビュー 〜1万円以下の価格に目と耳を疑う、才色兼備・完全無欠の万能イヤホン

f:id:align_centre:20210127175857j:plain

中国での前評判からただならぬ様子だった「Whizzer HE01」

この「Whizzer "Kylin" HE01」というイヤホン。いやはや、とんでもない機種が出ました。 中国で昨年2020年11月18日に発売され、日本では2021年1月29日(金)に発売

1万円前後の有線イヤホンは、ひとまずこの機種を買っておけば間違いありません (断言w)。

この価格帯では稀に見るほどにおそろしくバランスが優れており、スマートフォンで聴いてもよし、変換アダプターやBluetoothレシーバーで聴いてもよし、はたまた数万円〜数十万円の高級ハイレゾオーディオプレイヤーでもよし、と再生機器の性能が上がるとそれに応じて音質がアップグレードされていくのがわかりやすいため、どんな再生環境でもクセなく素直に鳴らしてくれます。

また、音源の音質をあるがままに表現するタイプなので、再生機器と同じく、録音のよい音源ほどその魅力が存分に引き出される傾向があります。また、何かが強調されるといった音のクセがほぼないため、あまり録音状態のよくない古いタイプの音源でも、その「風情」を足し引きなしに味わうにはうってつけで、ある意味リファレンス的に使える機種かもしれません。

f:id:align_centre:20210131000847j:plain:w500

微博(Weibo)で誰もが絶賛するという初めて見る状況

さてこの今回の「Whizzer "Kylin" HE01」、昨年2020年の9月、中国ではコロナ禍が概ね収束し感染対策をとりながら再開されていたオーディオ展示会にプロトタイプが登場し、その後も中国各地で開かれた展示会ではその美しいフォトジェニックな外観もあってか妙に注目を集め、毎回必ずこの機種の美しい写真が微博(Weibo)にアップされ、昨年11月18日の中国国内発売が近づくと、この機種の写真を見ない日はないと言っても過言ではありませんでした。
そして、美しい写真と共にアップされる先行試聴レビューが、どれもこれも非常に高い評価ばかり…

続きを読む

ハイレゾDAP比較一覧 2021年1月版 〜コロナ禍にDAC工場火災と波瀾に満ちた2020年のポータブルオーディオ業界、2021年も目が離せない!

f:id:align_centre:20210123025907j:plain

受難に次ぐ受難の2020年のオーディオ業界の中も、新機種が続々と

波瀾の2020年にリリースされたハイレゾDAP(Digital Audio Player)は、その多くが新型コロナウイルスの影響により生産や開発が数ヶ月遅れるなどして、夏から年末にかけても新機種の発表やリリースが相次ぎましたが、展示会は中国・台湾以外では開催できない状況は依然変わらず。各メーカーや各国の代理店、販売店などは、発売前の新製品の魅力をいかにエンドユーザーに届けるかの模索や、感染対策が行われる中での生産数や流通、在庫の確保などの苦心が続きました。

更には2020年10月、DAPはもとより数多くのデジタルオーディオ機器に採用されているAKM製DACを製造している「旭化成エレクトロニクス延岡工場」の火災という事態が発生。定番ハイエンドDACの「AK4499」「AK4497」を始め、AKM製DACを採用する予定だったDAPDAC/AMP製品のリリースが大幅に延期を余儀なくされるなど、かつてない受難の年となりました。

前回の2020年9月版の時点では想像すらできなかった、AKM工場火災の影響が徐々に明るみになってくる中、2020年第4四半期は奇しくもその影響を受けなかった独創的な新機種が相次いでリリース・発表され(その裏では発表できなかった機種もきっと多くあったのではと…)、中国や台湾では各地で大きな展示会も開催されるなど常に話題に事欠かくことはなく、ハイレゾDAPはさらにラインナップが充実する結果となりました。

そして今回、2021年1月上旬の現時点で発表および中国では先行して発売開始されている新機種に加え、前回掲載しきれなかった機種も含めた全74機種(バリエーションを除く)の本体サイズを実寸比でスペックと共に比較した「ハイレゾDAP比較一覧」を2020年1月時点の最新版に更新し公開しました。機種数が増えたため前回より横長の画像になっています…

ハイレゾDAP比較一覧 2020-01-22 版(PNG画像4枚)

Updated at 2021-1-22 (rev.0)

ENTRY (〜$390/〜約4万円)

f:id:align_centre:20210126203447p:plain

MID-RANGE ($390〜$900/約4万円〜10万円)

f:id:align_centre:20210126203521p:plain

PREMIUM ($900〜$1,700/約10万円〜20万円)

続きを読む

MacBook Air 13" (Early 2014) の内蔵SSDを換装して延命 〜Apple Silicon 搭載 Mac が落ちつくまでのチキンレース

f:id:align_centre:20201125023706j:plain

SSDの換装を行ったのは実は今年(2020年)6月の初め頃ですが、記録メモとして書きかけのまま放置してあったエントリーをアップ。その間に Mac を取り巻く事情は "Apple Silicon M1" によって激変してしまったので、その辺りも含めて…

Macを新しくするか?SSDを新しくするか?

f:id:align_centre:20200625191024p:plain:w560

メインで使っているMacは、未だに約6年前の MacBook Air 13" (Early 2014, Core i7 1.7GHz, RAM8GB) に High Sierra (macOS 10.13.6) で、SSD の空き容量が少なくなってきたのと、SSD の寿命は平均5年前後と言われるので、毎日 Time Machine でバックアップを取りながらいつ飛んでもおかしくないチキンレースな日々を過ごしていました。(SSDは新品でも原理的には飛ぶときは飛ぶので変わりないですが…) align-centre.hatenablog.com

この記事の公開時点(2020年11月)では、MacBook AirApple Silicon "M1" と macOS 11.0 Big Sur を搭載した爆速マシンに生まれ変わっていますが、SSDの交換かMacの買い替えかを検討していた今年の春〜初夏は、折しも3月〜5月に新しい2020モデルの MacBook AirMacBook Pro が発売された所で、できればいっそのこと新機種に乗り換えたいところでした。

が、macOS のバージョンが "Catalina" になると、使えなくなるソフト(32bit版アプリやプラグイン)が一部出てきたり、CIDフォントがサポートされなくなるので、その昔大枚叩いて買いその後さらに大枚叩いてアップデートもしたモリサワのNewCIDフォントが使えなくなってしまう他、諸々のソフトの有償バージョンアップが必要だったり、1Passwordなど過去に買い切りで購入したソフトを、最新OSに対応する最新版ではサブスクリプションに移行しなければならなかったりと、療養中の身で今の所先立つものがないので(オシゴトWELCOME!)当座は内蔵 SSD の交換&増量でしのぐことにしました。

今思うと、M1チップを搭載した新 MacBook Air が登場するや、爆速すぎて Rosetta 2 によるエミュレーションでも従来機より速いという状況から、今年の春の時点で Mac を買い替えたとしてもいずれにしても新OSでは従来環境が使えないことは変わりないので、保留にして正解だったかな?と😅

尚、Macの内蔵ストレージの交換はこれまでにも何度か行なっていますが、過去に MacBook Pro の HDD を今回のように予防交換したら約1ヶ月後に本体の方が突然死するという現象に見舞われているため、交換後も予断は許しませんw

内蔵SSDを外付け化するにあたって Thunderbolt 2 に対応する選択肢がほぼない

続きを読む
当ブログでは、Google Analytics, Google AdSense 等を使用しています。Google によるデータの収集ポリシーについて詳しくは「Google のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の Google による使用」を参照ください。
当ブログに掲載の画像や文章等コンテンツの引用の範囲を超えた転載はご遠慮ください。画像等のコンテンツにはメタデータで著作者情報等を付加している場合があります。図やチャートの利用をご希望の場合は、問合せフォームあるいは、Twitter @align_centre 宛にDM等でご連絡ください