読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fluffy white croquis

日々の思索のためのクロッキー帳。オーディオやオススメなども。

超小型ハイレゾDAC「ALO audio The Key」でポタアンをPCでも活用!(お得情報あり)

オーディオ 道具 レビュー

以前、アナログ・ポタアン(ポータブル・ヘッドホンアンプ)の比較一覧表を作り、アナログポタアンのメリットなどを解説しましたが、

アナログ・ポタアンは、iPodハイレゾ・ポータブルDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)と組み合わせて使う以外にも、「ラインアウト」出力端子さえあれば、様々な機器と組み合わせて使うことができます。

アナログ・ポタアンはスマホやPCのヘッドホン出力に接続してもよいのですが、劇的な音質アップにはやはり「USB DAC」が欠かせません。そこで登場するのが、「ラインアウト出力を搭載したUSB DAC」で、今回紹介する「ALO Audio The Key」は、まさにポタアンといっしょに使うのにピッタリな機種で、これがとても便利なのです。

f:id:align_centre:20150713051805j:plain:h320

USBメモリサイズの超小型ながら32bit/384kHzに対応!

この「ALO Audio The Key」は何がスゴイのか?

一見USBメモリと見間違うほどの超小型サイズながら、高音質で定評あるDACPCM5102A」を搭載し、そのフルスペックである「32bit/384kHz」に対応。さらにジッター低減を図る回路など、一体この小さな筐体にどうやってそれだけのスペックが詰まっているんだろう?という、まさに「山椒は小粒でもピリリと辛い」USB DAC です。

f:id:align_centre:20150713155606p:plain:h320

USB直挿しの USB DAC では、「Audioquest DragonFly v1.2」などが有名ですが、こちらは「ヘッドホンアンプ」を搭載し、直接ヘッドホン/イヤホンを挿して聴くことができます。

対して、「ALO Audio The Key」は、ラインアウト」専用という潔さ。
誤ってヘッドホン/イヤホンを挿すと、最大音量で出力されるため、場合によってはヘッドホン/イヤホンを傷めたり、ヘッドホン/イヤホンでは負荷(インピーダンス)が小さすぎるために、逆に本体側を傷める可能性もあります(多くの場合は対策がとられているので、そうした自体に遭遇することは滅多にありませんが…)

これをどう使うと便利なのか?
その答えが冒頭で触れた「アナログ・ポタアン」です。

f:id:align_centre:20150713142605j:plain:w320

お気に入りのアナログ・ポタアンでPCの音声を聴くのに最適

アナログ・ポタアンは基本的に「ライン入力端子」から信号を入力し、「ヘッドホン出力端子」からヘッドホン/イヤホン用の音声を出力します。そのため、PCから良質なライン出力ができれば、お気に入りのポタアンでPCサウンドを気軽に高音質で楽しむことができるというわけです。

特に専用のサウンドボードなどを持たないノートPCでは、ヘッドホン端子はあってもライン出力端子はないため、ライン出力が可能な USB DAC があれば、PC上の音楽を音質を損なわずにそのまま取り出すことができるようになります。

f:id:align_centre:20150713151458p:plain

もともと「ALO Audio」というメーカーは、高級オーディオケーブルやアナログ・ポタアンを数多く作っているメーカーのため、「ALO Audio The Key」はまさにそのために生まれてきたようなUSB DACというわけです。

アンプやケーブルの個性が引き立つので比較試聴に最適

「ALO Audio The Key」は、印象として非常に素直な音が出てきます。「PCM5102A」のもつスペックを小さなボディの中で最大限発揮させるという設計のためか、それ自身が色付けすることなく非常にクリアで繊細な音を送り出してくれます。

ハイレゾ音源はもちろんのこと、特に Mac の Audirvana Plus 等でアップサンプリングすると、CD音質(16bit/44.1kHz)の曲もより繊細な音になり、非常に心地よい音を聴かせてくれます。さすが「32bit/384kHz」は伊達ではありません。

f:id:align_centre:20150713160731p:plain:w480

そのおかげで、「ALO Audio The Key」にポタアンを接続するとポタアンやケーブルの特徴や個性がつかみやすく、比較試聴をするのにうってつけです。前回の記事でもポタアンの比較試聴に大活躍しました。

さらに、本体が超小型なので、ケーブルの先端につけたままにしたりと、取り回しや使い勝手が他の USB DAC と比べて圧倒的によいのです。

f:id:align_centre:20150713164345j:plain:w320 f:id:align_centre:20150616002917j:plain:w320

もともと3万円以上する機種ですが…とあるショップで半額以下に!?

さて、ここまで紹介してきた「ALO Audio The Key」ですが、実は標準価格では3万円以上します。
まぁ、この大きさでこのスペックなら当然それくらいはしますよね。

Amazon では新品は完売してしまって中古しか残っていませんが(中古でも3万円以上!)、楽天でも3万円以上の価格がずらりと…(汗

価格.com でも、安くて ¥22,600〜と、「プアオーディオ」派の我々にとっては決して安い買い物ではありません。

が、しかし!

とあるオーディオ専門店のオンラインストアで見つけてしまいました。未開封のアウトレット品が半額以下になっているのを! それがコチラ。

f:id:align_centre:20150713170845p:plain

目安として言っておくと、これ、中古相場よりも安いです。
メーカーアウトレット品 外箱イタミ有り・未使用」とありますが、実際に届いたのはこんな感じの箱。

f:id:align_centre:20150713174549j:plain:w320  f:id:align_centre:20150713174557j:plain:w320

えーっと、どこにもイタミやキズらしいものは見当たりません。保証がつかない以外は完全に新品です。

実は半年近く前からこのショップに載っているので、そこそこ在庫数があるのかもしれませんが、完全に早い者勝ちです。
色はブルーとゴールドだけですが、ポタアンやヘッドホンアンプをすでに持っている方なら、迷ったら、手に入れておくことをオススメします。この大きさで 32bit/384kHzですよ!奥さん!

先にも書いたように、USBメモリサイズなので持ち運びにも困らず、普段からDAPとポタアンを重ねて使っている方なら、ノートPCの音声も「ALO audio The Key」のラインアウトからポタアンに入力すれば、たちどころに超小型 Hi-Fi オーディオシステムが出来上がっちゃいます。

オーディオ専門店の週末セール、アウトレット、中古は要チェック

一体なぜこんなサプライズな価格になっているのかは謎に満ちていますが、フジヤエービックさんは「WEEKEND SALE」などの会員限定価格で、他のオンラインショップでは絶対に見たことないような驚きの価格で新品が出てくることがあるので、目が離せません。

f:id:align_centre:20150713181732j:plain:h320
ちなみに、この写真のポタアンもフジヤエービックの中古で格安で手に入れました。

ちょうど7月末までは「30周年記念祭」として、随時激安商品が追加されるようなので、日々のウォッチが欠かせません。