White croQuis

思索と探索のクロッキー帳。オーディオや音楽の話題、レビューなども。

イヤーパッドの素材や構造の違いによるヘッドホンの装着感と音質の変化を試してみた(YAXI編)

f:id:align_centre:20190703003247j:plain:h350

イヤーパッドを変えると、装着感だけでなく音質も変わる?

前回の記事、「ULTRASONE Signature STUDIO の正確な音はそのままに、装着感を劇的に改善する交換用イヤーパッド「YAXI fix90」」では、事前に「この機種には YAXI fix90 が音質的にも合う」という情報を得ていたのですんなりとイヤーパッドを換装できたのですが、「交換用イヤーパッドはサイズさえ合えばよいのか?」というと、どうもそうでもないらしい?ということで、交換用イヤーパッドメーカーのYAXIさんのご厚意で素材の異なるイヤーパッドをお借りし、装着感や音質はどう変わるのかを試してみました。

その結果は、予想とやや違い…!?

YAXI製の3つの異なる素材・構造のイヤーパッド

f:id:align_centre:20190630015134j:plain

今回試してみたのは、「YAXI fix90」とサイズ的にほぼ互換のある、素材の異なる全3種類。
これを愛機のスタジオモニターヘッドホン、ULTRASONE Signature STUDIO に装着しての聴き比べです。

続きを読む

ULTRASONE Signature STUDIO の正確な音はそのままに、装着感を劇的に改善する交換用イヤーパッド「YAXI fix90」

f:id:align_centre:20190619233739j:plain

最高なモニターヘッドホンの唯一の弱点は…

オーディオや音楽など音のリファレンスとして、以前から SONY MDR-Z900 をはじめ「スタジオモニター」仕様のヘッドホンを使っていますが、現在メインで使っているのは Made in Germany の「ULTRASONE Signature STUDIO」。

この機種は、発売前に展示会で試聴してその音に驚くと同時にとても気に入り、発売当日に即購入したほどの機種で、自分にとって音のパートナーのような存在です。

広い空間上に高解像度の音像が正確に定位し、超高域から超低域まで歪みなく正確無比なサウンドについて、詳しくはまた別の機会に紹介するとして、唯一不満点だったのは、もともとスタジオでのヘビーユースを想定してかイヤーパッドの素材がとても硬く、フィット感があまりよいとは言えない点でした。

Signature STUDIO は側圧はそれほど高くないため、耳が痛くなるようなことはないのですが、イヤーパッドと頭の側面との間に所々隙間ができるような状態で、装着位置が少しずれるとその隙間の具合が変わるためか、特に低域の周波数バランスが若干変わったりするのが気になっていました。(個人差もあると思いますが…)

救世主「YAXI fix90」現る

そんな中、ある日ふと Twitter で目にした情報がこちら。

続きを読む

SIMGOT EM2 レビュー 〜1万円クラス “ボーカル最強イヤホン”

f:id:align_centre:20190523222101j:plain

今年も続々と新しいイヤホンが発売されていますが、今回は、2019年5月22日に国内発売された「SIMGOT EM2」(販売価格:12,800円)という、定番のShure SE215 などと並んで初めての本格的な音楽用イヤホンにも最適なIEM(In-Ear Monitor)型イヤホンのレビューです。

この機種、実は先日の「春のヘッドフォン祭2019」にも出展されていたのですが、聴きそびれていたところ、幸運にもSIMGOT JAPAN様より試供品をご提供いただけることになり、1週間ほど使用してのレビューになります。

新興メーカーながらハイレベルな製品で人気を博しているSIMGOT

SIMGOT社は、2015年に中国・深センに設立された新興メーカーながら、初めてリリースしたイヤホン「EN700」シリーズがその高音質とコストパフォーマンスの高さで人気を博したことで、日本のポータブルオーディオファンの間でもよく知られたメーカーです。

一説には、もともと別のオーディオブランドでイヤホンなどを開発していたエンジニア/デザイナーが独立して自らのブランドを立ち上げたとのことで、もともと高い技術力や音質チューニングセンスをもってすれば、いきなりヒット製品を生み出したのも納得できます。

最近の中国の新興オーディオメーカーは大きく、

  1. 高い技術力と経験を持った技術者を中心に、"Sound Signature" のしっかりした高品位な製品のみを出すメーカー
  2. とにかく早いサイクルで次々と仕様やチューニングを変えた製品をたくさん出すメーカー

の2つに分けられる気がしていますが、SIMGOTは間違いなく前者の方でしょう。

ブランド名の「SIMGOT(兴戈)」は 孔子の言葉に由来しているそうで、公式サイトの英語版では "Simple and elegant" の意とされていますが、元となった言葉「执干戈以卫社稷」は「社会のために最善を尽くす」といったニュアンスを含むようで、創設者の意気込みが感じられます。

海外では先行してリリースされていたEMシリーズ

続きを読む