white croquis

日々の思索のためのクロッキー帳。オーディオやオススメなども。

トンボ鉛筆の「ippo! うずまきグリップ」がケーブルをゆるく束ねるのにちょうどいい

先日、書店の文具コーナーでちょっとおもしろいものを見つけました。

それがこちら。

f:id:align_centre:20140716213846j:plain f:id:align_centre:20140716213858j:plain

トンボ鉛筆の「ippo!」シリーズの「うずまきグリップ」という商品です。

本来の用途は、子供が鉛筆を正しく持てるようにするための用具なのですが、やわらかいシリコーン製(おそらく)のスパイラル形状を見た瞬間、「あ、このカタチは!」と思いつき、早速試してみました。

f:id:align_centre:20140716214921j:plain

予想通り、いい感じです。
PCなどの複数の配線を束ねる際に「スパイラルチューブ」を使うことがありますが、その応用です。

電気配線を束ねるときの鉄則「ストレスをかけない」

電源ケーブルはもちろんのこと、ノートパソコンのACアダプタのケーブルやUSBケーブル、ヘッドホンやイヤホンのケーブルなど、電気配線を束ねる際は、とにかく「ケーブルにストレス(負荷)をかけない」のが鉄則です。

時々ケーブルを縄跳のように結んでしまっている人がいますが、ケーブルに無理な力がかかってケーブルを痛める原因になります。いますぐやめましょう

ケーブルにいちばんやさしいのは「円形」、次に「ひょうたん型」です。(大きな電流が流れるケーブルの場合、円形に束ねたままで電流を流すと「コイル」として働いてしまうので避けてください)

そして結束具もきつく締めすぎないのがより安心です。

その点で、この「うずまきグリップ」は柔らかいシリコーン製(おそらく)なので、イヤホンなどの細いケーブルにもほとんどストレスをかけずにうまく束ねることできます。まさにうってつけの素材です。

値段も手頃、欲を言えばもう少しカラバリがほしい

「うずまきグリップ」は4個入りで税別定価120円。1つ30円という手頃な値段で、何度でも使い回しがきく上、ポップでカラフルなカラーが揃っているので、白や黒、グレーといった無彩色が多いケーブルにアクセントカラーとしても映えます

f:id:align_centre:20140716225324j:plain

「スパイラルチューブ」と同様に、巻きつけるのに初めはちょっと「コツ」がいりますが、慣れてしまえばとても簡単に見た目もキレイにケーブルを束ねることができます。

現在4色で展開しているようですが、欲を言えばもう少しカラバリが欲しいところです。例えばオレンジとかグリーンとか、グリーンとか

なんとなく殺風景なパソコン周りの配線をキレイにして、ちょっと彩りも欲しいなーと思っている方には、特にオススメです。文房具屋さんで見かけたら、一度試してみてはいかがでしょうか。(こども用文具のコーナーにあると思います)

f:id:align_centre:20140716230001j:plain