white croquis

日々の思索のためのクロッキー帳。オーディオやオススメなども。

「賞味期限」と「Best before」から受ける感覚の違い

f:id:align_centre:20140427010150j:plain

大抵の食品には「賞味期限」や「消費期限」が記載されています。

しかし、ふと輸入食品に「Best before」という表現で、日本で言う「賞味期限」に相当する日付が記載されているのを見て、この2つの表現は受け取る感覚が違うなーと感じました。

f:id:align_centre:20140426235826j:plain
▲相方セレクトの、わが家の定番パスタ "Barilla SPAGHETTINI" 1.4mm

「期限」はタイムリミットを想起させる

「期限」という言葉を辞書で引くと、言うまでもなく概ね次のような解説になっています。

き げん 【期限】

  1. その時までに行うように,前もって決められた時期。一定の期間。 「 -が過ぎる」

出典:期限とは - Weblio辞書

「提出期限」や「貸出期限」などの例を出すまでもなく、その日付までに「〜しないといけない」という「タイムリミット感」があり、その日付を超えると何か「罪悪感」さえ感じてしまうような気がします。

もちろん、日本での「賞味期限」や「消費期限」の表示の定義や法的な決め事については、下記に記載されている通りで、定義上は「賞味期限」=「Best before」とされているようです。

「Best before」はタイムリミット感を感じない

日本の食品表示の定義はともかく、「Best before」と書いてあると、受け取り方にずいぶんゆとりが生まれ、その日付が過ぎても「罪悪感」は感じません。

図で表すと次のような感じです

f:id:align_centre:20140427003904p:plain

実際、「賞味期限」=「Best before」だと知ってから、自分の中での「賞味期限」のとらえ方に心の余裕が生まれました

「賞味期限」に代わるよい表現はないか?

「期限」という言葉を使うことが、タイムリミット感を想起させているのはまず間違いないでしょう。「Best before」のニュアンスを残して折衷的表現で「賞味推奨期間」とでも言えそうですが、四文字熟語の方がスマートでしょう。

なかなか悩ましい問題です。誰かよい表現をご存知でしたらぜひ教えて下さい。

ちなみに、トップの画像の一番右の画像は、今日、カルディコーヒーで買ってきた MISURA(ミズーラ)の全粒粉クラッカーですが、国によって日付の表記法が違うためか、わざわざ「dd/mm/yy」と書いてあってなかなか親切です。

f:id:align_centre:20140427011914j:plain

コストパフォーマンスも高く、甘みがなく薄い塩味でなかなか美味しいです。

バリラ スパゲッティ1.7mm(No.5) 1kg [正規輸入品]

バリラ スパゲッティ1.7mm(No.5) 1kg [正規輸入品]

賞味期限がわかる本―冷蔵庫の中の「まだ食べられる?」を完全解決!

賞味期限がわかる本―冷蔵庫の中の「まだ食べられる?」を完全解決!

おいしい食べ方 いけない食べ方 (TJMOOK)

おいしい食べ方 いけない食べ方 (TJMOOK)

基準値のからくり (ブルーバックス)

基準値のからくり (ブルーバックス)

基礎からわかる 新・食品表示の法律・実務ガイドブック Food Labeling Law and Practical Guidebook

基礎からわかる 新・食品表示の法律・実務ガイドブック Food Labeling Law and Practical Guidebook

  • 作者: 石川直基,的早剛由,株式会社ラベルバンク
  • 出版社/メーカー: レクシスネクシス・ジャパン
  • 発売日: 2014/05/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る