white croquis

日々の思索のためのクロッキー帳。オーディオやオススメなども。

結婚披露宴で使ったBGM(Electronica, New Age系中心)

f:id:align_centre:20140115230029j:plain

何を隠そう、自分たちの結婚式を挙げたのは3年前の今日、1月15日でした。

家族と親戚が中心のささやかなものでしたが、会場は、今や名古屋で人気の式場にもなっているイタリアンレストラン「THE KAWABUN NAGOYA」。明治村を参考にしたという和モダンでシックな内装で、料理もとても美味しく満足いくものでした。

相方とは音楽の趣味が合うので、BGMは全て自分たちで決めたのですが、今回はそのBGMとして使った全曲を一挙公開します。
コンセプトとしては「いかにも」な曲はなるべく避けて、雰囲気づくりと自分たちの趣味重視(笑)で選曲しているので、ちょっと変わっているかもしれません。これから式を挙げようという方のご参考にも。

YouTube 動画をたくさん埋め込んでいるので、ページの読み込みがちょっと遅いかもしれませんm( )m

開宴前

  • Crystal Palace / Øystein Sevåg

    冬のさなかなので、冬っぽい曲。Windham Hill レーベルのコンピレーションアルバム「A Winter's Solstice IV」に収録。
  • Night In That Land / Nightnoise

    アイルランド出身メンバーによるアイリッシュバンド "Nightnoise" の静かで美しい曲。
  • Súil Ghorm / Altan

    アイリッシュバンド "Altan" の曲で「無印良品っぽい」雰囲気に。時間の調整ができるように多めに選曲。
  • Eoghainín Ó Ragadáin / Altan

    YouTubeはライブ盤の音源です。
  • Ten Thousand Miles / Altan

  • Green Grow The Rushes / Altan

入場(洋装)

  • ハルモニオデオン[言葉] / 遊佐未森

    シーン切替のイントロとして挿入。二人とも遊佐未森ファンでもあるので最初と最後に2曲使っています。
  • Only Time (Remix) / Enya

    ダンサブルなRemix盤の Only Time で入場。

前半イベントBGM

入場からの流れで Enya の曲でつないでいきました。

乾杯

  • Deep Love / Mandalay

    乾杯の瞬間に 3:42 からスタート。

歓談・会食

イタリアン料理中心なので、イタリア語歌詞の曲で雰囲気づくり。

  • Ascension / Paul Schwartz

  • Sogno / Paul Schwartz

ケーキカット・ファーストバイト

  • Paris / Delerium

    基本的にダークな曲ばかりの Delerium の、ほぼ唯一とも言える明るい曲w
  • Kissing the Day / Mandalay

    マドンナが好きなバンドとして挙げている "Mandalay" の曲。なかなか盛り上がりました。

退場(お色直し)

  • Just A Dream / Delerium

    二人にとって思い入れの深い曲。出だしがジムノペディにも似ています。

歓談

歓談中は Bill Evans の Jazz を十数曲シャッフルで流しました。

  • Waltz For Debby

  • Someday My Prince Will Come

  • How My Heart Sings

などなど…

入場(和装)

  • Poppiholla (Radio Edit) / Chicane

    Chicane のトランスで入場(笑)。意外にも和装にマッチしてよかったです。
  • Middledistancerunner / Chicane

    テーブルを廻りながら曲は Chicane でつないでいきました。
  • RETURN TO THE INOCENCE / Enigma

    時間調整用に予備曲として。

後半イベントBGM

余興・ゲーム等

基本的エレクトロニカ路線です(笑)

新婦の手紙

  • 言葉にできない(Originally performed by 小田和正) / リラクシング・ピアノ

    相方の母親が小田和正ファンなので、必然的にこの曲に。とても感動的でした。

花束贈呈

  • Ombra Mai Fu / Paul Schwartz

    アドバイザーの人に「泣きながら笑顔になれる曲」と言われて選んだのがこの曲。うまくハマりしました。

退場

退場後

ここからは、あまり流れに関係なく好きな曲を流しました。

  • 扉 / 遊佐未森
    扉

  • Caribbean Blue / Enya

  • Time to Say Goodbye / Sarah Brightman & Andrea Bocelli

    海外では結婚式でも葬儀でも使われる曲だそうです。
  • Imagine / Sissel Kyrkjebø

    この曲はネット上のどこにも見つからず。上のYouTubeはTVライブ版。
    1994年のアルバム「Innerst i sjelen」の日本盤にのみボーナストラックとして収録されていました。

NAVERまとめ」で、エレクトロニカ系のウェディングBGM集をつくりました

こんな感じで、全体としてNewAge系、アイリッシュケルト系から始まって、トランス、エレクトロニカ系の曲を多く使ってみました。まあ、結婚式のBGMなんて何が流れていたか誰も覚えていないと思うので、その場の雰囲気をうまく演出できればいいんじゃないかと思っています。

エレクトロニカ系には他にも色々とオシャレな曲が多くあるので、先日「NAVERまとめ」でウェディングに使えそうなエレクトロニカ系、トランス系のみのBGM集を作りました。興味があればぜひこちらも聴いてみてください。

【結婚式】オトナおしゃれなエレクトロニカ系ウェディングBGM♪ - NAVER まとめ