white croquis

日々の思索のためのクロッキー帳。オーディオやオススメなども。

ペンケースにちょうどいい、透明スクリューケース

ペンを2、3本、スマートに持ち歩くのにちょうどいいケースを見つけたのでご紹介。
カバンの中にペンを2、3本入れておく場合、ペン刺しがついているカバンもありますが、違うカバンやペン差しのないカバンで出かけたいときに差し替えたりするのが面倒です。かといって、「ふつうの」ペンケースはかさばるし、ファスナーで開け閉めするタイプは両手を使わないと開けられないので、ペンをサッと出せません。そうすると、革を縫い合わせたようなペン刺しがいいかな?と思って探してみましたが、なかなか思うようなシンプルな形のものがありません。
そこで原点に帰って「ペンが3本入ってかさばらないケース」となるとどんな形があるだろうか?と考えて探していたある日、ふと東急ハンズで次のようなケースを見つけました。

ちょうど細めのペンが3本入る太さと大きさで、スクリュー式なので手探りでも指先でクルクルと回して開け閉めができます。透明なので中身が見えるし、カラフルなペンを入れると見た目もキレイ。これだ!と思ってすぐにゲット。お値段126円也。安!
これが置いてあったのは文房具コーナーではなく、実験器具や特殊な容器が並んでいるコーナー。


型番から調べてみたら、これを作っているのは本多プラスというプラスチック容器専門のメーカーでした。この会社は、誰でも知っているような文房具や化粧品の容器などを作っている、ブロー成型のプラスチック容器専門の会社のようで、南青山にデザインオフィスがあって、意匠性の高いデザインパッケージなんかも得意としているようです。
今回買ったのは「スクリューケース」シリーズの「SC 22」というタイプで、直径22mm。このシリーズには直径7mmから53mmまで、少なくとも8種類のバリエーションがあるので、入れたいものの大きさや数でいろいろ選べます。

これを見ると、「文具入れとしても便利!」と書いてあるので、ペンケースとして使ういうのも実は想定された使い方の一つのでした。先越されてた…(^^; 
東急ハンズに売っていなかったサイズや種類のものもあって、他にどこで扱ってるんだろう?と気になります。パイロットのHI-TECH-Cのスクリューケース入りセットのケースもここの会社製のようでした。


お店の商品はたいていカテゴリーでコーナーが分けてありますが、ふと違うカテゴリーのお店やコーナーに行ってみると、意外なところに思わぬ用途に使えそうなものがあるときがあります。例えば、食器や台所用品コーナーには文房具に使えそうなものがたくさんあるのでワクワクします。箸立て→ペン立てとか。
先に欲しいものの形や大きさ、素材などの「要求仕様」を考えてからそれに見合うものを探しに行ったり、普段あまり行かないコーナーの商品を見て本来と違った用途を考えるのは、アタマの柔軟体操にもなりそうだし、実利もあるので、まだやったことがないという人にはぜひオススメしたいことの一つです。デザイン系、クリエイティブ系の人達は普通にやってるよという人が多いかも知れませんね。