White croQuis

思索と探索のクロッキー帳。オーディオや音楽の話題、レビューなども。

「枠」と「可能性」と「妄想」

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀 脳活用法スペシャル」がとても興味深く面白かった。(再放送は5月5日深夜) 番組に合わせて、日経ビジネス Onlineにも記事が載っている。 あなたの脳はまだまだ成長する:日経ビジネスオンライン 脳の働きを最大限に発…

動機や欲求の源はエントロピー増大の法則?

人間を含む動物の行動を引き起こす動機や欲求は、自然界の普遍の原理、エントロピー増大の法則で知られる「熱力学第二法則」に従って生じているのではないかと思えてきた。以前、自分のもう一つのブログで、こんなことを書いていた。 「納得」はたとえ非論理…

Amazonのショッピングカートが携帯から全部見えるようになった!

以前、もう一つのブログで「指定されたページがみつかりませんでした - goo ブログ」というエントリーを書いた時、携帯でショッピングカートを見ると、すぐに買う商品は見られるけど「カートに保存した商品」が見られないのが欠点としていた。 ところが今日…

安心感

様々な物事について、自分が思いついたり考えたりしているそのほとんどについて、同じ次元で議論できる人があいにく身の周りにはほとんどいない。 そのため、「これはこういうことじゃないのかな」「これはこうするといいんじゃないのかな」と自分で考えてい…

今日買った本:Think! 2007秋号他

Think! no.23出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2007/10メディア: 大型本 クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を見るビジネス書/誌は基本的にあまり好きじゃないけど、東洋経済新報社の『Think!』だけは例外。誌名通り、考える技術を鍛えるため…

BusinessはBusy-ness!?

MacOS Xに標準搭載されているOxford英英辞典によると、「Business」という語の起源はこう書いてある。 ORIGIN Old English bisignis (see busy , -ness ). The sense in Old English was [anxiety] ; the sense [the state of being busy] was used from Mid…

メトロポリタン・ミュージアム♪

「東京メトロ」の名前の由来となる「メトロ(metro)」はパリの地下鉄のこと。元々はフランス語の「chemin de fer métropolitain」を略したもので首都鉄道とか都市鉄道という意味。必ずしも「地下を走る鉄道」という意味ではないらしい。 「metro」が「metro…

「科学的」であること

「科学的」という言葉には2種類の意味があるように思う。 客観性、普遍性を持った科学に基づく本来の意味での「“科学”的」 科学風、学術風であるという意味での「科学“的”」 前者はいわゆる正真正銘の科学。後者は前者を含む場合もあるけど、一見科学のよう…

名前は大事

今日買った本。ネーミングの掟と極意 (エンジニア道場)作者: 開米瑞浩出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2007/11/06メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 8人 クリック: 81回この商品を含むブログ (36件) を見る@IT自分戦略研究所の連載、「ITエンジニアにも…

書評『システム現象学―オートポイエーシスの第四領域』

システム現象学―オートポイエーシスの第四領域作者: 河本英夫出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2006/06/23メディア: 単行本 クリック: 9回この商品を含むブログ (16件) を見る 書店で衝動買いして、しばらく積ん読状態だったのを掘り起こして読み始めたところ…

書評『英語の誤訳―開国が生んだ言葉の誤解』

英語の誤訳―開国が生んだ言葉の誤解 (丸善ライブラリー)作者: 尾形尊信出版社/メーカー: 丸善発売日: 1998/10メディア: 新書購入: 2人 クリック: 7回この商品を含むブログ (1件) を見る 明治の初めに日本語に訳された英語の誤訳の中で、その後の日本の社会に…

書評『戦略思考ができない日本人』

戦略思考ができない日本人 (ちくま新書)作者: 中山治出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2001/07メディア: 新書この商品を含むブログ (7件) を見る 論の根拠は別としても、その内容のほとんどに納得できてしまう。 欧米人と日本人の考え方は違うと言ってもど…

今日の買い物と気象レーダー

今日の帰り際に名古屋駅前のジュンク堂で、先週から目を付けていた新刊、河本英夫『システム現象学 オートポイエーシスの第四領域』(新曜社)を購入。 システム現象学―オートポイエーシスの第四領域作者: 河本英夫出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2006/06/23…

書評『考えることの科学―推論の認知心理学への招待』

考えることの科学―推論の認知心理学への招待 (中公新書)作者: 市川伸一出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1997/02メディア: 新書購入: 20人 クリック: 150回この商品を含むブログ (52件) を見る 物事を考えようとするときに、基礎体力として知っておきたい…

書評『メタ認知的アプローチによる学ぶ技術』

メタ認知的アプローチによる学ぶ技術作者: アルベルトオリヴェリオ,Alberto Oliverio,川本英明出版社/メーカー: 創元社発売日: 2005/12メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 51回この商品を含むブログ (6件) を見る 「学ぶ」という行為・プロセスがどのよう…

書評『認知意味論の新展開―メタファーとメトニミー』

認知意味論の新展開―メタファーとメトニミー (英語学モノグラフシリーズ)作者: 谷口一美出版社/メーカー: 研究社発売日: 2003/08メディア: 単行本 クリック: 17回この商品を含むブログ (6件) を見る 数年前、本屋で衝動買いした、人生を変えたかも知れない一…

書評『疑似科学と科学の哲学』

疑似科学と科学の哲学作者: 伊勢田哲治出版社/メーカー: 名古屋大学出版会発売日: 2002/12/10メディア: 単行本購入: 14人 クリック: 177回この商品を含むブログ (85件) を見る 「科学的方法論」を人に説明するのに何かいいネタないかな…と探していて見つけた…

書評『ユーザーイリュージョン―意識という幻想』

ユーザーイリュージョン―意識という幻想作者: トールノーレットランダーシュ,Tor Norretranders,柴田裕之出版社/メーカー: 紀伊國屋書店発売日: 2002/09メディア: 単行本購入: 18人 クリック: 353回この商品を含むブログ (81件) を見る 「意識は0.5秒遅れて…